• 個人のお客さま
  • 法人・個人事業主のお客さま
  • 大阪商工信金について
  • CSR活動
大阪商工信用金庫について
  • ごあいさつ
  • リレーションシップバンキング
  • 金庫概要・業績
  • 両立支援

大阪商工信金について金庫概要・業績

大阪商工信用金庫の概要

商号 大阪商工信用金庫
本店所在地 〒540-0017
大阪市中央区松屋町住吉3番2号
TEL : ( 06 ) 6763 - 1214 ( 本部 )
FAX : ( 06 ) 6768 - 8875
店舗数 大阪市内 : 11ケ店 / 大阪府下 : 7ケ店
創業 昭和  4 年  5 月
改組 昭和 26 年 10 月
代表者 理事長 多賀 隆一 ( タガ リュウイチ )
出資金    11 億 90 百万円 ( 平成 28 年 3 月末現在 )
自己資本額   266 億 39 百万円 ( 平成 28 年 3 月末現在 )
預金高 4,490 億円       ( 平成 28 年 3 月末現在 )
貸出金 3,047 億円       ( 平成 28 年 3 月末現在 )
役職員数 386名 < 男 233名 : 女 153名 >
                ( 平成 28 年 3 月末現在 )
業務内容 預金業務、融資業務、為替業務、
代理貸付業務などの信用金庫法に基づく代理業務。

ロゴマークは、お客様のお金を大切に預かる「商工」を母親が子供を抱いているような「優しさ」と「信頼関係」をイメージ化し、自由な曲線で表現し、身近な信用金庫として、お客様の良きパートナーでありたいとの願いを込めております。

  1. 情熱・活力を表す「レッド」
  2. 信頼・誠実を表す「ブルー」
  3. 親しみやすさを表す「イエロー」 のコーポレートカラーを使用しています。

ページトップ↑

業績について/ディスクロージャー

表紙

ディスクロージャー

                        

中間期ディスクロージャー

ページトップ↑

地域のさらなる発展に貢献してまいります。

お客様と一体となり、より一層飛躍するためには、目先の利益に捉われない、お客様満足度重視の課題解決を先行

したコンサル機能の強化が重要だと考え、現在、従来の組織変革を企図し2課体制の導入を試行しております。この

新体制により、お客様ニーズ対応へのスピードアップとレベルアップを図り、更にお役に立つ金庫を目指して参ります。

 業容面におきましては、多忙によりご来店頂けないお客様への非来店型店舗 ( バーチャル店舗 ) の新設、複雑・

深刻化する社会課題の解決を目的とした非営利活動法人への金融支援を企図した 「 商工ソーシャルビジネスローン 」 の創設、大阪府連携の金融機関提案型融資の推進等を基盤とし、お客様のニーズに即した利用して頂き易い信用金庫を目指します。

 信用コスト管理面においては、引き続き不良債権の早期処理を実施するとともに、適切な貸出金管理能力の構築に

注力し、新規不良債権の発生を回避してまいります。

 内部管理体制においては、当金庫の規模・特性に応じたリスクをそれぞれのリスク・カテゴリー毎に評価し、リスクの

コントロールおよび削減することで業務の健全性と適切性を確保してまいります。

 以上のような諸施策により、大阪経済の好循環を確立し、 「 まち 」 の活力向上へ貢献することが当金庫の役割と

認識し、皆様方に必要とされる信用金庫を目指して参りたいと思います。

ページトップ↑

健全 ・ 堅実経営を維持しています。

事業方針

当金庫は、地方創生を主眼に金融支援のみに留まらず、企業経営のコンサルティング、ビジネスマッチング機能等、

多方面からのサポートにより 「 しごと 」 の創生のみならず、企業の 「 稼ぐ力 」 の向上にまで最善を尽くしていく所存

でございます。お客様と当金庫が互いに健全性を維持し中長期的に持続可能なビジネスモデルを確立し、収益力の

向上や雇用の改善を実現させ、大阪の発展へ共に貢献していきたいと考えております。 そのために、職員は日々の

研鑽を怠らず、産学官金の連携を活用したソリューション営業の強化に努め、地域金融機関ならではの知見を活かして

参りたいと思います。

ページトップ↑

貸出運営について

地域金融機関として地元の中小企業や個人の方々の幅広いさまざまな資金ニーズに迅速・的確にお応えし、事業や生活の繁栄をお手伝いすることが使命であると考えております。ご融資にあたりましてはお客さまの事業計画の妥当性などを十分に検討させていただき、また信用金庫業務の公共的使命を踏まえ、地域内のお客さまにできるだけ幅広くご利用いただくために、取引関係の親密化を図るほか、新しいお取引先の増加に努め、真にお客さまに役立つ金庫をめざしています。

ページトップ↑

CSR ( 社会貢献活動 ) の取組み

当金庫は企業が社会の公器として如何に社会に役立つ役割を果たすかが経営の基本であると思っています。企業活動を具体的に担うのは社員でありますが、この社員が企業理念を共有し働き甲斐を持って働くことが出来るようにするかを追求することが経営でありCSRの本質ではないかと思っています。

最近はグローバリゼーションの潮流にあって、社員の働き甲斐というよりも目先利益の極大化こそが企業経営の最大の目標となっているように思われ大変残念に思っています。当金庫は利益は社会に役立った報酬であると理解し公器としての役割に徹すべきだと考え、そのような企業活動のあり方が社員の働き甲斐に通じる筈だと思っています。

地域社会と共生する信用金庫として、当金庫は地域に役立ち地域発展に寄与することこそが使命であると心得、地域が必要としている諸施策を講じるべく全職員一致協力して日常業務に取り組み、日々の活動をとおして職員の働き甲斐が実現出来るものと思っています。CSRの本質は経営そのものであり経営のあり方自体を問うものであるとの考えが当金庫のCSRに対する考えであります。

地域の皆様に支えられここまで育てていただいた当金庫は、今こそ地域の皆様にいささかなりともお役に立つべくこれからもCSRに積極的に取り組もうと思っています。

ページトップ↑

統合的リスク管理体制について

平成26年3月末から新BIS規制 ( バーゼルⅢ ) の適用が始まり、さらに高度なリスク管理が求められております。

統合的リスク管理とは、金融機関の直面するリスクに関して、自己資本比率の算定に含まれない ( 与信集中リスク、
銀行勘定の金利リスク等 ) も含めてそれぞれのリスク・カテゴリー毎 ( 信用リスク、市場リスク、オペレーショナル・リスク等 ) に評価したリスクを総体的に捉え、金融機関の経営体力 ( 自己資本 ) と比較・対照することによって自己管理型のリスク管理を行うことをいいます。

当金庫は各種リスクを個別の方法で質的又は量的に評価した上で全体のリスクの程度を判断し、経営体力 ( 自己資本 ) と対照する統合的リスク管理によりリスク管理態勢の強化に注力しております。

  • 信用リスク管理
  • 市場リスク管理
  • オペレーショナルリスク管理

ページトップ↑

コンプライアンス ( 法令遵守 ) 体制について

当金庫はこれまでも各種研修会の開催、「職員勤務心得」の制定、「コンプライアンス通信講座」の積極的受講を促進するほか、別途「コンプライアンス・マニュアル」を全職員に配布し、また本部各部長で構成する「コンプライアンス委員会」や営業店の次席者で構成する「コンプライアンス連絡会」を定例的に開催し、役職員の意識向上の徹底を図る体制を設けております。当金庫では今後も、法令等の社会的規範を遵守することは勿論のこと、役職員一同が高い倫理観を持ち、厳しく自己を律すべく日々努力してまいります。

ページトップ↑

出資者の皆様へ

経営効果の還元について

地元の多くの企業の皆さまと共に繁栄することこそが地域金融機関の責務であるとの認識のもと、多くの新しい融資先の開拓に懸命に努力しております。

かねてより収益の一部は当金庫を支えていただいた方々へ還元するものとの考えから、安定的な配当を出資者の

皆様に還元しております。

これからも安定的な配当が出来ますよう当庫の伝統とも言える堅実経営を維持してまいります。

pdfをご覧いただくにはADOBE READER(R)が必要です。
最新のADOBE READER の入手はこちらから。