• 個人のお客さま
  • 法人・個人事業主のお客さま
  • 大阪商工信金について
  • CSR活動
CSR活動
  • CSR推進室だより
  • 社会貢献活動
  • 商工さくら基金
  • エコ定期「まねきeco」
  • 大阪商工信金社会福祉賞

CSR活動商工さくら基金

「 商工さくら基金 」 は、平成21年4月にスタートしました当金庫の役職員、OB・OGによる任意の募金活動です。
役職員は毎月の給与と賞与から1口100円任意の口数を、OB・OGからは年会費を積み立て、各営業店の地域貢献
活動 「 さくら基金スマイルサポート 」 をはじめ、職員のボランティア活動支援、地域で活動する団体への支援などを行っています。約8割以上の職員が同活動に参加しており、一人ひとりから寄せられた想いを広く社会貢献に役立てたいと
考えています。

大阪商工の社会貢献活動

ひったくり防止啓発イベント

大阪のひったくり被害件数を減らし“大阪の街を平和にしよう”という想いを込めて、ひったくり防止イベントを開催いたしました。
当金庫職員が考えたオリジナルデザインのひったくり防止カバーを府下5エリアで1,000枚取り付け配布させていただきました。

ひったくり防止 ひったくり防止

エコ定期 『 まねきeco 』 のお客さまのご寄付と併せて生駒山系 「 花屏風 」 構想へ寄付

生駒山系 「 花屏風 」 構想の中でも、当金庫の寄付は次の取組みに活用されました。

@ 「 大阪商工信用金庫の森 」

大阪府のアドプトフォレスト制度を利用して柏原市と協定を結び、柏原市亀の瀬の地を「大阪商工信用金庫の森」とし、平成23年3月にコナラやヤマザクラなど約50本の苗木を職員が植樹するとともに、定期的に下草刈りを実施しています。
平成25年3月にはヤマザクラ50本、平成27年3月には、新たにヤマザクラ20本をお客様と一緒に植樹いたしました。
今後も継続して保育管理いたします。

『 大阪商工信用金庫の森1 』 『 大阪商工信用金庫の森2 』

A 生駒山系花屏風活動支援事業

府民参加で行われる植樹活動などの森づくりを行う団体に助成し、生駒山系 「 花屏風 」 活動を推進するとともに、良好な森づくりの保全を図ります。

平成22年度 8団体 植樹本数266本/平成23年度 6団体 植樹本数180本/平成24年度 7団体 植樹本数93本/平成25年度 7団体 植樹本数136本/平成26年度 5団体 植樹本数125本/平成27年度 7団体 植樹本数135本

            

さくら基金スマイルサポート

各営業店・本部それぞれが主体となり、地域のニーズに即した独自の地域貢献活動による職員のボランティア活動です。「商工さくら基金」より活動経費の補助をしています。

本店営業部
『 南大江地域文化祭 第10回たんぽぽの会 』

地域の文化祭にて運営のお手伝いをはじめ、手作り貯金箱・折り紙ブースの出展やお楽しみ抽選会では「商工賞」として商工オリジナル防犯カバーなどを寄付しました。

阿倍野支店
『 STOP振り込め詐欺キャンペーン 』

10月の15,16日の2日間、ご来店のお客様に店頭にて振り込め詐欺被害防止啓発活動として啓発グッズの配布を行いました。警察の方にもご協力していただきました。

東成支店
『 八阪神社秋祭り 』

近隣の八阪神社の秋祭りで運営のお手伝いをいたしました。
当日は子どもたちにはお菓子を配布し、大人の方には八阪神社が用意した甘酒と一緒におつまみを配り、地域の方々と親交を深めました。

西支店
『 堀江連合 餅つき大会 』

地域の餅つき大会の運営のお手伝いや片付けを行い、地域の方との交流を深めました。

生野支店
『 第42回 生野まつり 』

駐車場整備のお手伝いや無料貯金箱作りコーナーを設置し、子どもたちに貯金箱作りを楽しんでもらいました。

高井田支店
『 緑化ボランティアキャラバン 』

高井田駅前ロータリーの花壇の花の植え替え作業をボランティア団体の方と一緒に行い、高井田駅前をお花で華やかにしました。

加美支店
『 高齢者施設でのふれあいボランティア 』

事前に認知症サポーター養成講座を受講し、複数回にわけて高齢者施設の入居者の方々と交流しました。傾聴、レクリエーション、お散歩の付添などを行いました。

長田支店
『 稲田中地区地蔵盆 』

稲田中地区の地蔵盆にて、子どもたちに手作り貯金箱を配布し貯金箱作りのお手伝いをいたしました。

八尾南支店
『 地蔵っ子クラブ 』

西之町町会の地蔵盆にて今年も運営のお手伝いをいたしました。
お参りに来た子どもたちにはくじ引きでお菓子を配布いたしました。

鴻池支店
『 青い鳥感謝祭 』

大東市内で障がい者の生活介護や就労支援を営む事業所 「 青い鳥 」 の感謝祭の運営をお手伝いし、来場者にお菓子を配布いたしました。

平野支店
『 ひらの子育てフェスタ 』

平野区民センターにて未就園児を対象としたお祭りの各ブースのお手伝いをしました。

今里支店
『 元気の出るにぎわい今里フリーマーケット&フォークソングフェスティバル 』

商店街の活性化と地域交流のため、近鉄今里駅前通商店街で行われるフェスティバルにて運営をお手伝いし、「お菓子のつかみ取り」ブースを出店いたしました。

加美南支店
『 大和川の清掃活動 』

ゴミ拾いのボランティア団体さんと一緒に、大和川明治橋付近の清掃活動を行いました。

日本橋支店
『 浪速区難波周辺自転車対策 』

放置自転車に絵符付けや啓発ティッシュの配布を地域の方々と行いました。

吉田支店
『 北宮地区 グランドゴルフ大会 』

グランドゴルフ大会に協賛し、会場の事前準備や表彰のお手伝いをいたしました。
吉田支店ロビーにて写真展を開催いたしました。

堺支店
『堺まつり・堺自転車市民の会ブース出店活動支援 』

堺まつりに出店された堺自転車市民の会の方々を支援し、自転車に関する交通ルールテスト推進、テストの回答解説を行いました。

梅田支店
『 第27回なにわ淀川花火大会 翌日清掃活動 』

なにわ淀川花火大会の翌日に、大阪市北区大淀北周辺において清掃活動ボランティアに参加しました。

さくら賞

「 大阪商工信金社会福祉賞 」 応募団体の中から、職員が応援したい団体を毎年1団体選定し、表彰するとともに
その活動を支援するため寄付をいたします。

第8回 「 さくら賞 」 受賞 ( 2017年 )

大阪でタンデム自転車を楽しむ会・・・・http://www.tandem-osaka.com/

タンデム自転車の公道走行許可を求めて活動してきた結果、大阪での公道走行が可能となったが、引き続き全国公道走行許可を目指し、タンデム自転車の普及活動、パイロットの養成などを行う。
タンデム自転車は視覚障がい者のみならず発達障がい児や高齢者も楽しめ、行動範囲を広げることから、今後さらなる需要が見込める乗り物である。当団体の活動によりバリアフリーな乗り物としての認知が広まることを期待したい。

『第6回さくら賞1』
第7回 「 さくら賞 」 受賞 ( 2016年 )

ままちっち・・・・http://mamachicchi.sakura.ne.jp/

子育てに不安を抱えるママたちに、子育て真っ最中のスタッフが同じ目線で地域の子育て情報を集め、取材し、フリーペーパーで発信する。
子どもを抱えて自由に働けないママが不安や悩みを抱えたまま孤立しないよう、情報発信に注力するとともに、イベント等を通じてママ同士のコミュニティの場を創造する活動は地域密着型の相互扶助を実現しており、当団体のノウハウを他地域へ波及することで、各地で地域密着型の子育て支援が進むことを期待したい。

『第6回さくら賞1』
第6回 「 さくら賞 」 受賞 ( 2015年 )

認定特定非営利活動法人 大阪被害者支援アドボカシーセンター・・・・http://www.ovsac.jp/

犯罪や事故、災害等の被害者並びにその家族、遺族の精神的ケアの実施並びに市民ボランティアによる警察・裁判所等への付き添いや代理傍聴、マスコミへの対応等の直接的支援を行う。警察と連携することで被害者に直接支援の申し出が行えること、また被害直後の精神的ダメージを考慮した行き届いた支援により、二次被害の軽減と一時も早く平穏な生活を取り戻せるようサポートする団体である。

『第6回さくら賞1』
第5回 「 さくら賞 」 受賞 ( 2014年 )

特定非営利活動法人チャイルド・リソース・センター・・・・http://childrc.kids.coocan.jp/

「児童虐待によって児童相談所に保護された子どもと親を対象に、その後の良好な親子関係の再構築および虐待の再発防止を目的とした「CRC親子プログラム」を実施する。虐待の連鎖防止の役割を担うこのプログラムの推進は、「自分は大切な存在なんだ」と認められることで、子どもの将来は大きく変わってくることから、虐待を受けた子どもには必要なプロセスである。今後、多くの支援のもと一組でも多くの親子に本プログラムが届くことを願う。

『第5回さくら賞1』 『第5回さくら賞2』
第4回 「 さくら賞 」 受賞 ( 2013年 )

特定非営利活動法人サンフェイス・・・・http://www.sunface.or.jp/

「夢と可能性」を活動テーマに、障がいの有る無しに関わらず、プロの協力の下普段経験できないような体験を提供する。活動の中でも、「きょうだいの会」は障がい児者をきょうだいに持つ子どもを対象に野外活動を実施する。普段家族の中で我慢して過ごす“きょうだい”にスポットを当て、同じ境遇の仲間とともに子どもらしく過ごせる時間を提供する中で、障がい者を抱える家族が「この子のおかげで・・・」と感じられる社会をつくりだす取り組みである。

『第4回さくら賞1』 『第4回さくら賞2』
第3回 「 さくら賞 」 受賞 ( 2012年 )

NPO法人ニッポンバラタナゴ高安研究会・・・・http://n-baratanago.com/

絶滅危惧種1A類のニッポンバラタナゴを保護することを目的に、失われつつある里地里山の水環境を保全し、伝統的な農業用水管理技術である “ ドビ流し ” ( 池干し ) を継続することで生物多様性の維持に努める。
子どもから大人まで幅広く巻き込みながら、絶滅危惧種のニッポンバラタナゴを次世代に継承するとともに、ヒトの営みと生物多様性が共生できる生活システムを提供する活動は、過去から守り継がれてきた文化・自然遺産を未来に残す活動である。

『第3回さくら賞1』 『第3回さくら賞2』
第2回 「 さくら賞 」 受賞 ( 2011年 )

大阪市福祉教育語りの会

視覚障がいや身体障がいのあるメンバーが学校や企業に出向き、障がい者自身のリアリティある体験を伝える
ことにより、障がいや障がい者について理解を深めてもらう福祉教育のボランティアをはじめ、小中学生を対象に
した障がい者と生活を共にし語り合うことを目的とした2泊3日の宿泊プログラムを実施します。
障がい者との出会いや語りは未来ある子どもたちが偏見のない社会を創造する力と福祉の心を育み、街中に
やさしい子どもがあふれる一助になると思われる活動です。

『第2回さくら賞1』 『第2回さくら賞2』
第1回 「 さくら賞 」 受賞 ( 2010年 )

特定非営利活動法人 チャイルド・ケモ・ハウス・・・・http://www.kemohouse.jp/

小児がん治療中の子ども達とその家族が、自分の家のような環境で安心して治療できるように配慮した日本初の小児がん専門施設“夢の病院”の設立や、がんになっても生活しやすい社会を目指し活動中。

“夢の病院”は寄付によって設立することで、できる限り制約のない環境で、子ども達とその家族に本当に必要な施設の実現を目指します。

『第1回さくら賞』

信用金庫の日

「 信用金庫の日 」 ( 6 月 15 日 ) にご来店いただいたお客さまに “ 緑の苗 ” をプレゼント

お客さまに緑の輪が広がることを期待して、ミニトマトの苗か、オクラの苗をお選びいただきプレゼントいたしました。
“ 緑の苗 ” はエル・チャレンジの橋渡しで、知的障がいのある方が園芸作業などを行う施設、
社会福祉法人わらしべ会 通所施設 セルプわらしべで加工作業をしていただきました。

信用金庫の日1 信用金庫の日2

「 笑顔の実 フォトコンテスト 」グランプリが決定しました!!

信用金庫の日にプレゼントした“緑の苗”を育て、成長過程で見られる笑顔のワンシーンを撮り応募する
フォトコンテストのグランプリが決定しました。



                         ⇒グランプリを見る(PDF)


ご応募ありがとうございました。
これからも“緑の苗”を育てて、笑顔が溢れることを願っています。

ボランティア活動支援

森林ボランティア活動など、職員のボランティア活動の参加推進と支援を行っています。

ボランティア1 ボランティア2

pdfをご覧いただくにはADOBE READER(R)が必要です。
最新のADOBE READER の入手はこちらから。