金庫概要

大阪商工信用金庫の概要

商号 大阪商工信用金庫
本店所在地 〒541-0053
大阪市中央区本町2丁目2番8号
TEL:(06)6267-1636(本部)
FAX:(06)6267-2879
店舗数 大阪市内:14ケ店/大阪府下:7ケ店(令和3年3月末現在)
創業 昭和4年5月
改組 昭和26年10月
代表者 理事長 多賀 隆一(タガ リュウイチ)
出資金 57億81百万円(令和3年3月末現在)
自己資本額 421億7百万円(令和3年3月末現在)
預金高 6,835億円(令和3年3月末現在)
貸出金 4,500億円(令和3年3月末現在)
役職員数 459名<男263名:女196名>(令和3年3月末現在)
業務内容 預金業務、融資業務、為替業務、代理貸付業務等の信用金庫法に基づく代理業務。
本店の地図を表示する

事業方針

中期経営計画「GENKI100」の最終年度であった令和2年度は、新型コロナウイルス禍で下向く経済情勢を金融支援により支える年となり、当金庫においても地元大阪で中小企業の資金繰り支援に邁進してまいりました。これからも引き続き、職員一人ひとりが日々研鑚に努め、金融支援のみならず非金融支援も含め、お客様へサービスを提供する体制を強化してまいります。

事業の展望及び今後の課題

新型コロナウイルスの感染拡大の影響は様々な業種に幅広く及んでおり、中小企業、特にサービス業に甚大な影響を及ぼしております。当金庫は、お客様の資金繰りに重大な懸念が生じないようお客様のニーズに迅速に対応するとともに、アフターコロナに向けて、幅広くお客様の課題解決に寄与できる体制を構築し、真に頼りになる信用金庫として支援してまいります。

信用コストの管理においては、不透明な状況下ではありますが、中間管理の適切な実施等、適切な貸出金管理体制の構築に注力してまいります。

内部管理体制においては、当金庫の規模・特性に応じたリスク・コントロールを行い、業務の健全性・適切性を確保してまいります。

ロゴマークは、お客さまのお金を大切に預かる「商工」を母親が子供を抱いているような「優しさ」と「信頼関係」をイメージ化し、自由な曲線で表現し、身近な信用金庫として、お客さまの良きパートナーでありたいとの願いを込めております。
情熱・活力を表す「レッド」
信頼・誠実を表す「ブルー」
親しみやすさを表す「イエロー」のコーポレートカラーを使用しています。