社会貢献活動

コロナ支援対策

新型コロナウイルスにより様々な影響が出始める中、令和2年5月に「大阪商工信金社会貢献賞」受賞団体に対して、助成金等の情報を発信しました。返信などにより近況報告が寄せられる中で、市民団体のコロナ禍による影響が深刻なものであることがわかり、当金庫にできることは何かを考え、動き始めました。


「CSR推進室だより 頑張るNPO応援号」発刊 【令和2年6月】
コロナの影響を受けた市民団体を取材し、地域の現状を掲載することで、寄付を含めた支援の呼びかけを行いました。

詳細はこちら






コロナに負けない。寄付による応援の輪 【令和2年7月】
医療従事者や地域のNPO法人等への寄付を職員及びお客様へ推進しました。
また、職員から寄せられた募金額と同額を当金庫から拠出するマッチングギフトにより、818,000円を寄付いたしました。
寄付先:大阪府、大阪ボランティア協会他






「街角コンサート」開催 【令和2年7月】
令和2年7月27日に当金庫正面玄関前にて、新型コロナウイルスと戦う医療従事者への感謝と緊急事態宣言を乗り切った大阪人の団結力を称え、NPO法人音楽文化芸術振興会がコンサートを行いました。
街行く多くの人々が美しい音色に足を止め聞き惚れていました。



緊急助成制度!「コロナに負けない。応援資金」創設 【令和2年9月】
新型コロナウイルス感染症拡大の中、地域の人々が必要としている支援を自らの経済状況が厳しくとも活動をやめることなく、努力し続けている「大阪商工信金社会貢献賞」及び「さくら賞」受賞団体へ継続した支援を行うために設立しました。
助成資金は、当金庫役職員、OB・OGによる任意の募金である「さくら基金」と当金庫からのマッチングギフトとし、助成団体を職員で選びました。


第15回「大阪商工信金社会貢献賞」に『コロナに負けない。』部門を設置 
【令和2年10月】

コロナ禍においても活動をとめることなく、今だからこそ必要な支援を工夫を凝らしながら提供し続ける団体・事業者を応援する為、新たな部門を設置しました。
※現在、応募は締め切らせていただきました。

金融教育

マネースクール
毎年小学4年生を対象に、お金の役割や金融機関の仕事を楽しく学んでいただき、金融機関で働く人を通して”働くこと”への理解を深めて頂く「マネースクール」を感染防止対策を徹底し開催しています。




夏休み自由研究企画~会社経営してみいひん?~2019
お客様のお子さまを対象とした金融教育を実施いたしました。お客様には中小企業事業者様が多いことから、ご両親の仕事を疑似体験し、世の中のお金の流れを知ってもらう「起業体験」をマネースクール形式で行いました。詳しくはCSR推進室だよりVol26をご参照ください。

ボランティア活動

Osaka Great Santa Run 2019
第 8 回 「 大阪商工信金社会貢献賞 」 受賞団体である一般社団法人OSAKAあかるクラブOsaka Great Santa Run事務局主催のチャリティイベントOsaka Great Santa Runに参加しました。参加費の一部は病気と闘う子どもたちへのクリスマスプレゼント購入費にあてられ、参加者は恰好だけでなく、本当に誰かのサンタクロースになることができました。



大阪商工信用金庫の森
大阪府のアドプトフォレスト制度を活用し、生駒山系の南端に位置する柏原市亀の瀬の一部を 「 大阪商工信用金庫の森 」 として契約しています。この森ではNPO法人日本森林ボランティア協会の方にご指導いただき、職員のボランティアによる定期的な下草刈りや植樹などの保全活動を行っています。









チャリティバザー2019
当金庫役職員から衣類や本・食器・雑貨など300点の寄付を集め、チャリティバザーを開催しました。2019年度のCSRの年間テーマ「防災」に沿った寄付先を選定し、売上金を特定非営利活動法人災害救援レスキューアシストへ寄付しました。詳しくはCSR推進室だよりVol26をご参照ください。




チャリティーフェス ひろがる 2017
2016 年 4 月 14 日に発生した熊本地震の復興支援として「 チャリティーフェス ひろがる 2017 」を開催し、全役職員でブースを出店しました。当日は天候にも恵まれ、約7,000人もの方に来場いただく事ができました。本イベントにおける収益は地震で大きな被害を受けた熊本県阿蘇郡西原村へ全額寄付しました。詳しくはCSR推進室だよりVol.21をご参照ください。

大阪府障がい者サポートカンパニー

障がい者の職場実習の受入れや授産施設への商品発注など障がい者の就労支援に積極的に取組む社会貢献企業として「大阪府障がい者サポートカンパニー」の認証を受けました。今後も積極的に障がい者の自立と社会参加を応援いたします。

令和3年度

授産施設への授産品の発注

  • エコ定期『まねきeco』にお預け入れいただいたお客さまへの粗品

視覚・聴覚障がい者向けサービスの強化について

当金庫では、視覚・聴覚に障がいをお持ちのお客さまをはじめ、すべてのお客さまに安心して営業店、ATM等をご利用いただけるよう、下記の取組みを実施いたしております。
今後とも、当金庫では地域金融機関の公共的な役割を果たすべく取組みを進めてまいります。

  1. 視覚障がい者向け『音声ガイダンス機能付ATM』を本支店全店に設置
  2. 聴覚障がい者向け『ボイスメッセ(簡易補聴器)』を全店の窓口に設置
  3. 道路から店舗入口までのスロープ、店内点字ブロックの設置など、ユニバーサルデザインを意識した店舗づくり
  4. 視覚障がいをお持ちのお客さまに対し、入出金明細等の点字書類の作成
  5. 視覚障がいをお持ちのお客さまへ窓口受付の振込手数料引下げ、当金庫職員による代筆および代読の取扱い

PDFをご覧頂くにはAdobe Reader(R)が必要です。
最新のAdobe Readerの入手はこちらから。