SDGsへの取組み・脱炭素社会に向けて

SDGsへの取組み

大阪商工信用金庫のSDGs宣言

大阪商工信用金庫は、地域社会の発展に貢献する理念のもと、SDGs(持続可能な開発目標)の趣旨に賛同いたします。その趣旨に即した活動を通じて、地元大阪の経済・社会・環境の調和を目指し、パートナーシップ理念による共創により、地域課題の解決に向けた新たな価値創出に貢献します。

SDGs(持続可能な開発目標)とは
2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは格差の問題、持続可能な消費や生産、気候変動など、先進国が自らの国内で取り組まなければならない課題を含む、すべての国に適用される普遍的な目標です。その達成のためには、先進国も途上国も各国政府や市民社会、民間企業など様々な主体が連携し、様々なリソースを活用することが求められています。

当金庫の取組みを通じたSDGsへの貢献

脱炭素化社会に向けて

  1. グリーン社会に向けて再生可能エネルギー・CO2削減等に関するコンサルティングによるご支援を致します。

  2. 産・官・学と連携し脱炭素社会に向けて課題解決をサポート致します。

再エネ100宣言 RE Action

再エネ100宣言 RE Action

再エネ100宣言 RE Action とは、企業、自治体、教育機関、医療機関等の団体が使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示し、再エネ100%利用を促進する新たな枠組みです。
大阪商工信用金庫はこの取組に参加いたします。

coolchoice

「COOL CHOICE」は環境省が推奨する、CO₂などの温室効果ガスの排出量削減のために、脱炭素社会づくりに貢献する「製品への買換え」、「サービスの利用」、「ライフスタイルの選択」など地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」をしていこうという取組です。
大阪商工信用金庫はこの取組に賛同します。

PDFをご覧頂くにはAdobe Reader(R)が必要です。
最新のAdobe Readerの入手はこちらから。